フランス語文法 最も使われる動詞êtreとavoirとは何か?活用と用法を初心者向けに解説

フランス語の挨拶

トマ先生とEtreとAvoirの使い方を学びましょう。

フランス語のêtreとavoirとは

フランス語の動詞êtreとavoirはフランス語でよく使われる2つの動詞です。英語を勉強している方にとってはêtreが英語のto beになります。動詞、avoirが英語のto haveになります。

英語話せる人にとって簡単ですよ。

êtreの意味である

フランス語の動詞はに応じて、形が変えます。êtreはとてもよく使う動詞なので、主語と一緒に活用形を覚えましょう。

êtreの活用

わたしはJe suis

君はTu es

彼はIl est

彼女はElle est

私達Nous sommes

あなた、あなた達、君たち Vous êtes

彼らはIls sont 

彼女らはElles sont

皆さん、大変ですが、覚えるしかないです。頑張ってください。

はい頑張ります。トマ先生

 

 

 

êtreを使って見ましょう

彼女は日本人です。

Elle est japonaise.

彼らはアメリカ人です

Ils sont américains

あなたはトマ先生ですか

Vous êtes Thomas Sensei ?

トマ先生はフランス人です。

Thomas Sensei est français.

これくらい知ってるよ。トマ先生はフランス人です。

トマ先生とETREを勉強しましょう

フランス語で最も使われる動詞être

avoirの意味

今回トマ先生と活用が不規則な動詞「avoir」を一緒に勉強しましょう。

「avoir」は、英語のto have動詞にあたる動詞なので、

使う機会が多いですね。

フランス語の基本動詞、「avoir」 【アヴォワール】

意味: ~を持っている、~がある、~がいる、~歳である

前回のêtreと同じ様に原形からかなり変化します。

Avoirの活用

le verbe

j’ai ジェ

tu as テュア

il a イラ

elle a エラ

nous avons ヌザヴォン

vous avez ブザヴェ

ils ont イルゾン

elles ont エルゾ

Avoirを使って見ましょう

トマ先生と練習しましょう。

J’ai vingt-cinq ans. 

ジェヴァンサンカン

私は25歳です。

Tu as vingt-cinq ans. 

テュアヴァンサンカン

君は25歳です。

Il a vingt-cinq ans. 

イラヴァンサンカン

彼は25歳です。

Elle a vingt-cinq ans 

エラヴァンサンカン

彼女は25歳です。

Nous avons vingt-cinq ans.

ヌザボンヴァンサンカン

私たちは25歳です。

Vous avez vingt-cinq ans.

ヴザベヴァンサンカン

あなた(あなた達)は25歳です。

Ils ont vingt-cinq ans. 

イルゾンヴァンサンカン

彼らは25歳です。

Elles ont vingt-cinq ans. 

エルゾンヴァンサンカン

彼女たちは25歳です。

トマ先生とavoirを勉強しましょう

フランス語で avoir 動詞

 

コメント